[画像] 「ミルキー(小倉トースト風味)」。金のシャチホコをあしらったパッケージには、不二家のキャラクター「ペコちゃん」の姿も((C)FUJIYA Co.,LTD)

 厚めにスライスした食パンにマーガリンやバターを塗り、小倉餡をのせて“甘じょっぱい”風味を楽しむ小倉トースト。名古屋の定番グルメとして定着し、「プリッツ」や「きのこの山」といった有名お菓子とのコラボ商品も多く発売されている。今回、小倉トースト味の商品として新たに登場するのは、「ミルキーはママの味」のキャッチフレーズで知られる不二家のミルキー。4月12日より、東海エリアのみやげ店や高速SA・PAを中心に発売開始となる。

 企画・開発を行ったのは、昨年「カントリーマアム(小倉トースト風味)」を販売し話題を呼んだ(株)長登屋(名古屋市西区)。「名古屋で愛され続ける小倉トーストの味を、不二家さんの代表商品であるミルキーで再現しました。新定番のみやげとしてはもちろん、小倉トーストの新たな一面として名古屋の方もお楽しみ頂ける商品だと思います!」と長登屋商品企画の加藤さん。小倉ペーストやバターを使い濃厚に仕上げることで、1粒で口の中いっぱいに小倉の風味が広がる。ミルキーの素朴なミルク感もうまく溶け合い、新感覚のフレーバーとして味わえそうだ。

 「ミルキー(小倉トースト風味)」は6粒6箱入りで550円(本体価格)。発売開始後は東海キヨスクなどでも、順次販売を行う予定だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします