[画像]印度カレーライス・チキン(820円)

 “ココイチ”の名で親しまれるカレーハウスCoCo壱番屋に、満を持してインド風カレーが登場。5月1日から7月末までの期間限定メニューとして、全国の店舗で販売される(商品がなくなり次第終了、一部店舗を除く)。

 これまでにもインド風キーマカレーの販売はあったが、本格的なインドカレーは初めて。カレー発祥の地であるインドに敬意を払いつつ、あくまでカレーとライスの組み合わせにこだわるなど、インドカレーとココイチのカレーが融合したメニューとなっている。

 クミンやカルダモンなど15種類をブレンドしたスパイスと、玉ねぎの甘みがマッチしたカレーソースは、通常のポークカレーに比べると少し辛口。「1.5辛くらいにあたるかと思います。インドカレー派の方にもおすすめしたい、香り高いカレーソースです」と広報担当の浅井さん。キャベツ、人参、玉ねぎを甘酢漬けにしたピクルスが添えられる。

[画像]印度カレーライス・ビーンズ(750円)

 チキン煮込みをトッピングしたチキン(820円)と、印度カレーライスに合わせて用意されたレッドキドニーやヒヨコマメなどの豆が入る、ビーンズ(750円)がラインアップ。印度カレーライスのベースだけも用意されているので、好みのトッピングを加えてオリジナルの味を楽しむこともできる。「フライドチキンや、ほうれん草とゆでタマゴのトッピングも相性が良さそうです」。

 また、同メニューの販売期間中はアイスチャイも登場(カレーライスとのセットで+150円)。「少し甘みがあり、シナモンの香りもよいので、カレーの後味をさっぱりとさせてくれます」。夏に向かって気温が上昇する季節、ココイチの新メニューが注目を集めそうだ。

THE PAGE 愛知をフォローする