[画像]麺、丼、揚げ物、煮物、焼き物、デザートなどメニューは多彩。写真は昨年の出店メニュー

 日本全国の郷土料理が集うフェスティバル「全日本うまいもの祭り2014」が、4月26~29日、5月3日~6日の8日間、長久手市のモリコロパーク・大芝生広場で開催される。昨年の好評を受け、本年で2回目。

 同イベントでは、モリコロパークの大芝生広場を会場に北海道から沖縄までの名物グルメ49メニューの販売ブースを設置。来場者は好みのメニューを購入、開放感あふれる広場で食事を楽しむことができる。出店メニューを見ると、青森県の「青森せんべい汁」や秋田県の「横手やきそば」、栃木県の「宇都宮餃子」などの人気メニューや、テレビ番組などでも注目を集めた埼玉県の「さいたま川幅うどん」、富山県の「富山ブラック黒醤油らーめん」など、話題のグルメが集結。昨年は7日間の開催で延べ約15万人が来場、その期待に応える形で2回目の開催となった。

[画像]昨年のうまいもの祭りの様子。昨年は延べ約15万人が来場し盛況を収めた

 主催する全日本うまいもの祭りの事務局スタッフは「47都道府県、すべてのうまいものが集結しました。ご当地の食を通じて、気軽に旅行気分を味わってもらえれば。」と意気込みを語る。当日は地元を中心に活躍する人気男性ユニット「BOYS AND MEN」などのショーや、チケットの半券提示により無料で遊べるキッズゾーンも用意。リニモ1日乗車券利用で入場券がプレゼントされるサービスも。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします