[画像]フランス菓子16区」のマロンパイ(左)、「白玉屋新三郎」の白玉ワッフル(右上)、「うなぎ舎819」のうなぎ弁当(右下)

 名鉄百貨店本店[本館](名古屋中村区名駅)では、「第10回大九州展」を開催。スイーツ、弁当、惣菜をはじめとした九州の人気グルメが販売される他、初日にはご当地キャラクターのくまモンが来店する。期間は9月10~16日。

 今回の九州展は名鉄百貨店の開店60周年記念も掲げられており、九州の美味しいものを集めた充実のラインアップで展開する。メレンゲを使ったアーモンド風味の焼き菓子「ダックワーズ」の考案者としても知られ、「現代の名工」の称号を持つ三嶋隆夫氏がオーナーシェフを勤める「フランス菓子16区」をはじめ、工芸を含む約65の有名店舗が会場に集結。熊本「白玉屋新三郎」からは白玉ワッフルが、福岡「餃子の店 鉄なべ」からは焼餃子が、鹿児島「うなぎ舎819」からはうなぎ弁当など、現地でも高い人気を誇る美食グルメに注目したい。

 また、春の九州展で名鉄百貨店の開店60周年にちなんで用意された「焼酎60本セット」が今回も登場。前回には会期前半で限定6セットが完売しているため、購入は早めに。