[画像]パッケージには愛知県出身の武将、織田信長を採用

 東海キヨスク株式会社(名古屋市中村区名駅)は、ロッテ商事株式会社(東京・新宿)との共同開発商品「東海限定コアラのマーチ<小倉トースト味>」の展開を発表。「コアラのマーチ」としては、初のご当地フレーバーの展開となる。

 同商品は、東海地区でなじみ深い「小倉トースト」の味をイメージ。特に名古屋では喫茶店の定番メニューとしても知られており、「プリッツ」や「きのこの山」、「ミルキー」といった有名菓子とコラボによる土産商品も販売されている。
 
 気になるフレーバーは、マーガリンやバターを塗った食パンに、小倉餡をのせて甘い風味が広がる小倉トーストならではの特徴を再現。サクサク食感のビスケットの中に、小倉トーストをイメージしたチョコレートが入っている。
 また、フレーバーだけではなく、小袋にも東海地区をイメージしたコアラをプリント。織田信長の格好をしたコアラ、小倉トーストを持ったコアラ、金のシャチホコを抱えたコアラ、エビフライを食べているコアラと、計4種の図柄をあしらった菓子がランダムで入る。

[画像] 東海限定で販売される「コアラのマーチ<小倉トースト味>」

 東海キヨスク担当者によると「パッケージや図柄でご当地色をあしらったコアラのマーチは発売されているが、フレーバーに地域グルメを採用したのは初」と説明。10月7日より、豊橋駅~岐阜駅間の東海キヨスクのギフト店舗、ベルマート等、約70店舗で販売を行う。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします