[画像](左)花は一輪から販売。気軽に持ち帰られるようショッパーもおしゃれに(右上)PARCO東館B1フロアに構える「sheep FLOWER STAND」(右下)真鍮の花器も販売する

 名古屋市にアトリエを構えるソイキャンドル「sheep」が、PARCO東館B1フロアでスタンド形式のフラワーショップを営業中。10月26日までの期間限定で、花やソイキャンドル、花器、焼き菓子などを販売する。

 期間限定ショップ「sheep FLOWER STAND」は、今月10日に行われたパルコ東館B1フロアのリニューアルに合わせて営業を開始。大豆を100%使用したソイキャンドルの制作・販売を行う「sheep」が中心となり、市内のショップや作家と協同して店を運営する。
 店頭に置かれるのは、“小さな贅沢”をテーマに集められた日々の暮らしを彩るアイテム。sheepの「ソイキャンドル」をはじめ、フラワーショップ「Banepa」が提供する花、金工作家「tanaka yuki」からは真鍮で造られたオリジナルの花器、菓子店「N_」では手作りの焼き菓子を販売する。なかには、今回のために用意されたアイテムも多い。

 「簡単にできる小さな贅沢が、丁寧な暮らしに繋がる」と話す、sheepの山川さん。「街でコーヒーを買うように、何でもない日にも一輪の花を食卓に飾ってみては」とも。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします