[画像]左上から時計回りに、「状元樓」フカヒレ姿のスープ炒飯、「牡丹園」の二色炒飯、「獅門酒楼」の金山寺みそポーク炒飯、「江戸清」すきやきまん

 名古屋三越 栄店(名古屋市中区栄)では、「横浜・中華街展」を開催中。横浜中華街で店を構える40店舗(食品25店、工芸15店)が会場に出店し、グルメや工芸品の販売や、占いなどを行う。期間は11月24日(18:00終了)まで。

 同展の目玉として、横浜中華街で人気を誇るチャーハン30種がイートインで登場。フカヒレの姿煮がのった豪華なチャーハンなど、過去の「横浜・中華街展」で最大級のラインアップがそろう。
 定番の中華まんでは、横浜中華街で高い人気を誇る「江戸清」が登場。ビッグサイズの「豚まん」はもちろん、東海地区初出品となる「すきやきまん」にも注目が集まりそうだ。

 6階特設会場では、篆刻・花文字の実演の他、手相人相占いコーナーを出店する。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします