[写真]通勤時間帯は滑らないよう注意しながら歩く会社員の姿が多く見られた=20日午前、愛知県名古屋市で

 20日の東海地方は朝から厳しい冷え込みとなり、愛知地方気象台によると、名古屋市では氷点下1.1度を観測し、積雪も観測された。これにより、東海道新幹線や同市周辺のJRや私鉄などの交通機関にも遅れなどの影響が出ている。

【拡大写真】名古屋で積雪 通勤時間帯の風景

[写真]名古屋駅前も雪化粧=20日午前、愛知県名古屋市で

 積雪を観測している通勤時間帯の名古屋では、通勤途中の会社員らが滑らないように歩く光景が多くみられる。会社へ行く途中の名古屋市内の40代の女性は「ここ何日か冷えると思ってたけど、今朝は一段と冷えました。私は地下鉄なので大丈夫でしたが、JRとかは乱れてるから大変そう」と話す。

 また「昨日の夜はきれいに晴れていたので、起きたらビックリ。近所の小学生の子供は雪合戦して喜んでました」と続けた。

[写真]名古屋市内でもこれだけの積雪が観測された=20日午前、愛知県名古屋市で

 同気象台によると、20日は冬型の気圧配置が強まるため午前中は時々雪で、山地を中心に平地でも積雪、大雪となるところがあるという。また、あす21日は冬型の気圧配置が次第に緩み、昼ごろからは晴れ間の広がる所もある予報だという。ただ、上空の気圧の谷の影響により、午後は曇りの見込みだという。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします