名古屋港水族館(名古屋市港区)では7日から、バレンタインデーとホワイトデーにちなんだ生き物を展示しています。

クリオネ(ハダカカメガイ)(名古屋港水族館提供)

 展示しているのは、チョコレート色をした淡水魚「チョコレートグラミー」(体長約4センチ)と淡水性のエビ「チョコレートシュリンプ」(同約2〜3センチ)、「クリオネ(ハダカカメガイ)」(同3センチ)の3種類。クリオネは、天使が羽ばたくような姿がロマンチックということで展示の仲間入り。

 この企画は、昨年に続いて今回が2回目。同水族館の南館2階エントランスにある特設水槽で、それぞれ10〜15匹を展示しています。

 飼育員の安藤友佑さんは「カップルの方々も、まだカップルになっていない方々も、この展示をご覧いただくことで、より愛を深めてもらえれば」と話しています。

 この展示は、3月14日まで行われる予定です。

(取材・文:具志堅浩二)

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします