銃を抱える兵士たち

昨年10月、政府とディマサの間で和平協定が成立した。ディマサの土地における彼らの権利が保障されることになったのだ。しかし、それで問題がすべて解決した訳ではない。

 アッサム州には彼ら以外にも100以上の民族が存在しており、ナガ族やクキ族といった他民族達が、ディマサばかりが力をもつことに反発しているのだ。「彼方を立てれば此方が立たず」で、すべての民族の要求を満たすことは難しい。12億以上もの人口を抱えるインドにとって、少数民族問題は解決の難しい難題のひとつだ。

フォト・ジャーナル - 高橋邦典 第2回

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします