軍服を着た男が小麦の入った袋を抱えながら銃を振りかざす

 西半球でもっとも貧しい国ハイチ。国民の8割は貧困にあえぎ、慢性的な食料不足に悩まされる。貧困層の代弁者として、選挙によって選ばれたアリスティード大統領だったが、米国が後押しした敵対勢力によるクーデターで国内は混乱に陥った。あちこちで暴動が起こり、教会にあった支援物資も強奪された。市民も兵士も混ざって、みな我先にと手につくものを奪い合う。

 「どけ、どけ!道をあけないと撃つぞ!」
軍服を着た男が、小麦のはいった袋をかかえながら銃を振りかざした。大国アメリカの思惑によって、いつも翻弄されてきたこの小さな島国。とばっちりを受けるのは、いつも名もない市民達だ。

フォト・ジャーナル - 高橋邦典 第3回