出荷制限が続いていたスクウェア・エニックスのMMORPG「ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア」は18日、ダウンロード版の販売を再開し、パッケージ版も順次出荷する。プロデューサーの吉田直樹氏が同ゲームのフォーラムで明らかにした。

「新生エオルゼア」は、8月27日に正式サービスを開始。サービス開始直後に20万人以上のユーザーが殺到し、ログインしにくい状態が続いていたため、ダウンロード版の販売を一時中断、パッケージ版も出荷制限をかけていた。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします