[表]セリーグの連覇

 2リーグ制となった1950年以降のセリーグで、巨人が連覇を達成したのは、今回が7度目。1951年〜1953年(3連覇)、1955年〜1959年(5連覇)、1965年(9連覇)、1967年〜1977年(2連覇)、1989年〜1990年(2連覇)、2007年〜2009年※(3連覇)、2012年〜2013年(2連覇)があります。

 セリーグで、巨人以外で初めて連覇を達成したのが1979年〜1980年の広島(2連覇)で、それ以降には1992年〜1993年のヤクルト(2連覇)、2010年〜2011年の中日(2連覇)があります。阪神、DeNA(大洋時代を含む)は、これまで連覇の経験がありません。

 連覇経験のある監督は、巨人では、水原茂監督、川上哲治監督、長嶋茂雄監督、藤田元司監督、原辰徳監督の5人。巨人以外では、広島が古葉竹識監督、ヤクルトは野村克也監督、中日が落合博満監督となっています。連覇が途切れたあと、再び連覇を達成したのは水原茂監督と原辰徳監督の2人だけです。ちなみに一度、監督を退いた後、再び監督として指揮を執り、連覇を達成しているのは、原辰徳監督だけです。

 2度、連覇を達成した水原茂監督は、1回目が3連覇、2回目が5連覇でした。原辰徳監督も1回目で3連覇※を達成しています。今回の連覇はどこまで続くでしょうか?

※2007年、巨人はCSで中日に敗れたため、日本シリーズへは出場なし。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします