実用化には大きな壁

 ただし、トリウム原発の実現には大きなカベがあります。ひとくちにトリウム原発といっても、専用の炉を新しく開発するものや、既存の原子炉でトリウム燃料を燃やすものまで様々です。既存の原子炉(軽水炉)は原子炉工学的に見るとトリウムを燃やすにはあまり適切な構造とはいえません。専用の炉(溶融塩炉など)を開発するのがベストですが、強いガンマ線や腐食への対策など、超えなければならない技術的な課題が山積しています。

 トリウム原発の実用化は当分の間不可能という悲観的見解もありますが、選択肢は多いに越したことはありません。トリウム原発という第三の選択肢の存在は、今後の原子力政策のあり方について、大きな影響を与えることになるでしょう。
 

(大和田 崇/The Capital Tribune Japan編集長)

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします