[表]J1 優勝の可能性を残した6クラブの状況

 J1、第31節が各地で行われ、前節までの首位の横浜F・マリノスが名古屋グランパスに敗れる波乱。2位だった浦和レッズはベガルタ仙台と、3位だったサンフレッチェ広島は柏レイソルと引き分けるなど、上位チームに順位の変動はありませんでした。

 また、わずかに優勝の可能性を残していたFC東京はセレッソ大阪に敗れたため、優勝戦線から脱落。優勝の可能性が残されているのは、横浜F・マリノス(勝ち点59)、浦和レッズ(勝ち点58)、サンフレッチェ広島(勝ち点57)、鹿島アントラーズ(勝ち点56)、セレッソ大阪(勝ち点53)、川崎フロンターレ(勝ち点51)の6クラブとなりました。

[表]負債6億円超 横浜F・マリノスがJリーグから消える?

[表]6クラブの今後の対戦相手

 今シーズンは残り3試合を残すのみ。上位チームは第32節、以下の試合が予定されています。

■第32節 優勝の可能性の残ったクラブの試合予定
* 横浜F・マリノス vs ジュビロ磐田 (ヤマハスタジアム)
* 浦和レッズ vs 川崎フロンターレ (埼玉スタジアム2001)
* セレッソ大阪 vs サンフレッチェ広島 (キンチョウスタジアム)
* 鹿島アントラーズ vs サガン鳥栖(カシマサッカースタジアム)

 1位の横浜F・マリノスはJ2降格が決まったジュビロ磐田と対戦。2位の浦和レッズは6位の川崎フロンターレと、3位のサンフレッチェ広島は5位のセレッソ大阪との直接対決となります。