[表]近年、坂上忍が出演した主な番組

 バラエティー番組で引っ張りだことなっている元お笑いコンビ「猿岩石」の有吉弘行は、復活を果たして久しいが、昨年は華原朋美や遠野 なぎこなど復活芸能人の活躍が目立った。中でも“再ブレーク”までの期間の長さで他の追随を許さないのが、俳優、タレントとしてマルチな活躍を見せている坂上忍だろう。

【写真・記事】かつてブレークした「電波少年」ケイコ先生の現在とは

■子役時代から長期間を経ての復活

 坂上といえば、70~80年代に人気子役として活躍。女優の杉田かおるとともに、日本の芸能界におけるいわゆる“子役ブーム“の先駆け的な存在だった。その後、役者として地道な活動を続け、趣味である麻雀の腕活かしてフジテレビ系「THEわれめDEポン」などで存在感を放っていた時期があったものの、つい最近まで子役時代ほどのブレークに至ることはなかった。

 最近は、役者、子役をはじめとした後身の発掘、指導を手掛ける養成所の経営者兼講師としての顔を持つとともに、“毒舌キャラ”や“潔癖キャラ”がウケてバラエティー番組を中心に人気タレントとして再ブレークを果たしている。「ブスは嫌い」や「女は顔が命」といった歯に衣着せぬ過激発言は、つとに知られているが芸能評論家の三杉武氏は語る。

■”毒舌キャラ”は芸能界のトレンドの一つ

 「いわゆる“毒舌キャラ”に関しては、近年のバラエティー番組のトレンドの一つになっています。最近では有吉さんやマツコ・デラックスさん、西川史子さん、デヴィ夫人なんかが知られていますが、かつては野村沙知代さんもそうですし、泉ピン子さんもバラエティーでは毒舌で鳴らしています。ヤラセや慣れ合い、”おためごかし”といった予定調和的なものが疎まれる昨今にあって、過激な表現がウケているのかもしれません。もちろん、ただ毒を吐けば良いというわけではなく、そこには鋭い観察眼や他者からの共感性が不可欠ですし、的外れな発言は“炎上”の対象となるリスクもありますけど」

 そんな中、坂上は自宅にタオルを200枚以上も常備し、休日はちょっと外出するたびにシャワーを浴び、1日に約50枚のタオルを使うことやトイレ掃除に4時間近くをかけるなど、極度の潔癖キャラとしても広く知られている。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします