#01 スラムの英雄

カリブ海に浮かぶ島国ハイチ。首都ポルトープランスにある国内最大のスラム、シテ・ソレイユを歩いていると、建物に描かれたアリステッド元大統領の壁画が目に入ってきた。民主選挙で選出されながらも軍事クーデターによって2度も失脚させられた彼は、元キリスト教の司祭。スラム住民をはじめとした貧困層の代弁者でもあった。そんな理由で、国の富を独占していた軍部や裕福層、さらに彼らと深く結びついた米国にとっては都合のよくない大統領だったわけだ。7年にもおよぶ亡命生活を南アフリカで過ごした後、2011年に支持者達の熱烈な歓迎をうけて母国ハイチにもどったアリステッド。シテ・ソレイユに住む多くの人びとにとって、彼はいまだに英雄なのだ。
(2007年5月撮影)

Copyright (C) Kuni Takahashi. All Rights Reserved.