[写真]オープンまでの日数「50」を窓の照明で表すあべのハルカス=16日午後7時ごろ、大阪市天王寺区で

 高さ300メートルで日本一の高さを誇る大阪市阿倍野区の商業ビル「あべのハルカス」がビルの照明を利用してオープンまでの日数を表す「100日カウントダウン」が16日、折り返しとなる「50」を表示。道行く人らが写真を「記念に」と写真を撮るなど話題となっている。全面オープンは3月7日。

 このカウントダウンは、オープンまで100日となった昨年11月27日にビルの照明を使って「100」を表示しスタート。以来、日を追うごとに残り日数が表示され、注目を集めていた。

大阪に日本一の高層ビルができるの?「あべのハルカス」って何?

[写真]遊び心で、窓の照明使って様々な形を表現するあべのハルカス=大阪市天王寺区で

 また、数字以外にも「アベノ」などの文字のほか、クリスマスツリーなど様々な形を照明で表している。「最近ではハルカスの形や雪などを表すこともある」と話すのは、それらを管理するあべのハルカス事業本部。今後は少し遊び心を加えながら様々な形を表現していくという。
 天王寺駅前で写真を撮っていた藤井寺市の女性は「きょうは私の年齢と同じ表示やから写真を撮った。好きな数字の時に記念に撮影することができるのは今だけやね。あっ、年齢がばれてしまうわ」などと笑顔で話していた。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします