[写真] フォアグラをめぐる議論の行方は? Kent Wang photo

 ファミリーマートは2014年1月24日、フォアグラを使った弁当の発売を中止すると発表しました。その理由として同社は、消費者からフォアグラの生産法は残酷で、そうした食材は使わないで欲しいと指摘があったためとしています。 同社に対しては20件ほどの意見が寄せられたとのことですが、数からするとそれほど多いようには思えません。しかし同社では、一部でも消費者に不快を与えるのは本意ではないとして販売中止を決定しました。

 販売中止の決定に対しては賞賛する声が上がる一方、ホリエモンこと堀江貴文氏がツイッターで批判的なコメントを行い、賛同者が追随するなど意見は割れているようです。

動物愛護団体が活発な米国

 フォアグラはガチョウや鴨の肝臓のことですが、この生産方法が残酷であることはかなり昔からよく知られています。肝臓は脂肪がたっぷりと乗った状態の方がおいしいですから、ガチョウには大量のエサが与えられます。しかし、普通の状態では、満腹になってしまうとそれ以上エサを食べません。このためフォアグラ用のガチョウの喉には鉄パイプが挿入され強制的にエサが送り込まれるようになっています。また一切運動しないようガチョウはせまい囲いの中に閉じ込められて飼育されます。

 1日に3回、自身の体重分に近いエサを強制的に送り込まれたガチョウの肝臓は1カ月くらいすると健康な状態の10倍くらいに膨れあがります。この状態で肝臓を取り出したのがフォアグラになります。確かに飼育している現場は目を背けたくなるような状況なのですが、肉の味を最優先にするため主に撲殺(厳密には打撃で失神させ、その後失血死させる)という形で処理される牛が残酷でないのかといわれると微妙なところといえるでしょう。

 フォアグラはフランス料理における重要な食材ですので、フォアグラの多くはフランスで生産されています。米国でのフォアグラ消費量はフランスに比べればはるかに少ないのですが、フランス料理には一定のニーズがあることから相応の数の生産業者が存在しています。

 一方で米国は動物愛護団体などの活動も活発であることから、カリフォルニア州のようにフォアグラの生産・販売を禁止した州もあります。米国のレストランの中には、フォアグラを使わないことを宣言しているところも多いのですが、フランス産のフォアグラを輸入したり、禁止されていない州で生産したフォアグラを他州に出荷するなどの措置も行われおり、すべてがフォアグラに否定的ではないようです。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします