理化学研究所の小保方晴子(おぼかたはるこ)さんを中心とする研究チームが、酸性の刺激を与えるだけの簡単な方法で、あらゆる細胞に分化できる万能細胞(STAP細胞)の作成に成功しました。この研究は大変画期的なのですが、なぜ小保方さんはこのような研究成果を上げることができたのでしょうか?

ミドリガメ 日本の生態系脅し「輸入規制」報道も

 あらゆる細胞に分化できる万能細胞は、実用化できれば再生医療や創薬の分野で大きな役割を果たすことになります。この分野の研究では、2012年にノーベル賞を受賞した山中伸弥京都大学教授らによるiPS細胞が非常に有名なのですが、iPS細胞をはじめとする従来型の万能細胞は遺伝子操作など大がかりな処理が必要であり、実用化の大きなカベとなっていました。しかし今回の研究は、ただ酸に細胞を浸すだけで万能細胞ができるかもしれないという、あまりにもあっけなく、かつ衝撃的なものです。下手をすると、これまで世界中の科学者が、大変な予算と手間をかけて行ってきた研究成果がすべて吹き飛んでしまうくらいの可能性を秘めています。

 しかし革命的な研究というものは実はこのようにして生まれてくることが多いのです。何か立派な研究成果が得られると、その分野には国や企業などから多額の予算が付けられ、数多くの研究者がその分野に参画することになります。それを応用して工業化するという点ではよいことなのですが、基礎科学における画期的研究を促進するという観点ではそうとはいえません。すでに確立してしまった分野から、革命的な研究が生まれる可能性は低く、次の革命的研究は、むしろ、誰にも知られていない、まったく別の分野から生まれて来る可能性が高いからです。

 山中教授のiPS細胞の分野にはすでに100億円以上の国家予算が投入され、数多くの研究者が参画しています。しかし、小保方さんがもし時代の流れに乗って、あるいは予算やポストに惹かれてiPS細胞の研究に参加していたらこの画期的な研究成果は生まれなかったはずです。留学時代から暖めていた自分のアイデアにこだわりつづけ、iPS細胞が世界的な話題になっている中でも自分の信念を曲げなったことが成功につながりました。山中教授の研究にしても、ノーベル賞を取った今でこそ多額の資金が集まっていますが、有名になるまでは誰も見向きもしていなかったというのが現実です。