◇DeNA 9-15 巨人(2回戦 横浜スタジアム)

 中畑監督は能面のような顔をしていた。
 「声も出ない。ダメージは大きいよ」

 残り2イニングで5点差を守れず、8回にまさかの大量10失点。6年ぶりに日本球界復帰を果たした先発・尚成の凱旋白星も、昨年、5勝しかできず、今季の標的としていた対巨人の初勝利も吹き飛んでしまったのである。
 
 「去年のリベンジというか、凄い倍返しをやられた」
 中畑監督の言う、倍返しとは、昨年5月10日の巨人戦のこと。3-10と7点差をつけられていたが、土壇場で追いつき、最後は多村のサヨナラアーチで劇的な勝利をつかんだ。この日は、5点差で、正確に言えば、倍返しでもないが、中畑監督に、それほどのショックを与えるほどの酷い負け方だった。

■ルーキー平田と山口が炎上

 継投ミスと言ってよかった。8対3で迎えた8回の頭から横浜DeNAベンチは、ドラフト2位のルーキー、平田(ホンダ熊本)をマウンドに送った。いきなりロペスを死球で歩かせると、阿部にライト線を破られ、坂本には犠飛を許し、橋本、代打・矢野に連打され、アウトが取れない。
 一死満塁となって、慌てて山口にスイッチしたが、そこから3連打。山口も、心の準備がなかったのか、明らかに気持ちで逃げていた。巨人という打線は、その名前だけで恐怖心を与え、気持ちで引いた相手には、これでもかとパンチを打ち込んでくる。

 この日、5安打目となる“大当たり男”のアンダーソンの叩きつけた打球がライト前ではねると、ついに同点。打者が一巡して、6番に下がり、まだ調子の上がらない阿部に対しては、フルカウントからインサイドに厳しくストレートで攻めたが、ボールの判定。これも阿部の看板に負けた打席。痛恨の押し出しで、勝ち越されると、坂本、橋本に連続タイムリー。山口の唇は乾ききっていた。

 中畑監督は「止まらない。どこまで打ち続けるのか」とベンチで青冷めたという。終わってみれば、8回のスコアボードに「10」が刻みこまれた。

■素直に認めた継投ミス

 中畑監督は、素直にミスを認めた。
 「逃げ切らねばならなかったが、継投にスキがあった。勝負ごとはスキを与えたら負ける。セーブがつかない場面であったし、点差と長いシーズンを考えての継投だったが、相手が巨人なんだから、勝ちパターンのピッチャーを投入しなければならなかった。この先は、肝に命じる」。