[写真]仙台市内で講演するダライ・ラマ法王14世

チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ法王14世が4月7日午後1時半から、仙台市の東京エレクトロンホール宮城(県民会館)で講演を行う。

ダライ・ラマ法王14世は、自由と平和を追求するなかで、宗教を超えた「人の生きる道」を模索しており、震災からちょうど3年の節目として、神社関係者らで作る主催者の招きに応じた。

主催者は「復興は進むが、まだまだ心のケアを必要とされる人たちがいる。心の支えや生きる力としてこの法話が役に立てれば」と話している。

入場は無料。申し込みと問い合わせは、http://inorinokai.jimdo.com へ。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします