[画像]話題の「いきなり!ステーキ」ランチタイムは行列になる

 ステーキといえば、かつては「高価な食事」の代名詞。その本格ステーキを、銀座というおしゃれな街で、なんと「立ち食い」するーー。この意外性のあるコンセプトで2013年12月にオープンしたお店が大ヒットしている。その名も「いきなり!ステーキ」。連日、お客が行列をなす大盛況が続き、4月1日には銀座の2店舗に続き、東京スカイツリーに近い墨田区に3店目がオープンしたばかり。運営会社では、年内に東京都内に10店舗、今夏には、ニューヨークにも進出を予定している。

[画像]1グラム5円という低価格で提供されるステーキ

■ステーキを半額で提供 立ち食いスタイルにたどり着く

 立ち食いステーキの「いきなり!ステーキ」は、東証マザーズに上場するペッパーフードサービス(一瀬邦夫社長、本社・東京都墨田区)が、新しい業態として立ち上げた。同社は、一瀬社長がコックとして1970年に開店した洋食店が前身。1987年からステーキ専門店の展開を始め、1994年、特殊な電磁調理器によって熟練のコックでなくても素早く美味しいステーキを提供できる「ペッパーランチ」業態をスタート。630円~という通常のステーキ店のほぼ半額を売りに他店舗展開し、急成長を果たした会社だ。

 同社では、ペッパーランチの展開の一方、炭焼きの本格ステーキ店も経営しており、「肉1g当たり10円」で注文カットできるスタイルが人気を集めていた。ある日、一瀬社長は「これを半額で提供できないか?」と発案。検討を重ねた結果、行きついた結論が「立ち食い」スタイルだったという。

■1日の客数は約500人 1日の売上は約100万円

 立ち食いにすることで、少ない面積で席を増やし、お客の回転も早くする。さらにメニューも「ステーキ」「ライス」「サラダ」程度に絞り込むことで、素早い提供と、コストの削減を実現。こうして「1g当たり5円」という価格で本格ステーキを提供できるめどが立った。肉は米国産のほか、豪州産も使用する。