六本木の街を舞台に行われる一夜限りのアートの祭典『六本木アートナイト2014』が、4月19日に開催される。美術館をはじめとする文化施設や大型複合施設などが集まる六本木の街の至るところにアート作品が展示され、六本木の街全体がアートになる。

 同イベントは2009年より実施されており、今年のテーマは「動け、カラダ!」。ダンスパフォーマンスを取り入れたパレードやカラダを使ったワークショップなど、「カラダ」をテーマとした展示やイベントが用意されている。

 もともと、六本木ヒルズが誕生する以前の六本木は、アートとは縁遠い街だった。しかし、六本木ヒルズ内に森美術館が生まれて以来、新国立美術館、サントリー美術館(東京ミッドタウン内)と美術館が立て続けにオープン。10年間ですっかりアートの街へと変貌した。そうした中で開催されるのが「六本木アートナイト」だ。

 イベントのコアタイムは、 4月19日18時17分(日没時間)〜4 月20 日5時3分(日の出時間)。入場は一部のプログラム、美術館企画展をのぞき無料となっている。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします