[写真]松本人志との関係について語った放送作家・高須光聖

 お笑いコンビ「ダウンタウン」と小学校からの同級生で、今や日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」、テレビ朝日系「ロンドンハーツ」などを手がける放送作家界の第一人者となった高須光聖さん(50)。放送作家のみならず、脚本家、映画監督、ラジオパーソナリティとしても活動する高須さんですが、新たな試みとしてアートプロジェクト「1万円アート―ゆがんだ大人展―」(東京・パルコミュージアム、25日~5月12日」も開催します。どこまでも、面白いことを追い求める原点は、小学校時代に見た松本さんの漫才にあると言います。

 恩人、やっぱり、松本人志でしょうね。この業界に呼んでくれたのも松本ですしね。そもそも、僕は大学時代、3カ月ほどインド・ネパールをまわっていた経験から、卒業後は東京でインポートショップの仕事をやろうとしていたんです。でも、お店のオーナーがご病気されて、話がとん挫してしまった。そんな時、たまたまラジオの公開収録で東京に来ていた松本と連絡をとりあって会うことになったんです。

 互いの近況報告しあったところで、松本が「ほな、ウチのブレーンをやらへんか?」と言ってきたんです。僕にとったら、そんな仕事は考えてもいなかったので、正直に「オレにできるか?」と聞きました。すると、松本は「全然、できるよ」と言い切ったんです。「松本がそこまで言ってくれるんやったら…」とやることにしたんです。

 松本はそう言ってくれましたけど、実際入ってみると、全然、楽勝ではなかったです(笑)。大阪に戻って「4時ですよーだ」(MBSテレビ)という番組にスタッフとして入ったんですけど、本当に生意気な言い方になってしまいますけど、その会議が面白くなく感じたんです。というのは、今から考えたら僕が何も分かってなくて「そんなん、テレビでできひんやろ!!」というようなことばっかり考えていたからなんですけど。

 例えば、飛行中のジャンボジェット機の中で、芸人が“だるまさんがころんだ”をやるとか(笑)。そんなもんね、できるワケないんですよ。テレビのことも何も分かっていないヤツがそんなことばっかり夢想しているから噛みあわないんですけど、会議が面白くなくてね。