[画像]デビュー5年 過去の苦悩について語ったflumpool 山村隆太

 昨年秋、デビュー5周年を迎えたflumpool。4月からは、全国10万人動員ライブを敢行し、5月には、これまでの軌跡を収録したベストアルバムをリリースする。2008年、『花になれ』で衝撃的なデビューを果たして以来、常に第一線で活躍している彼らだが、その道程は決して順風満帆ではなかったという。音楽と向き合い、夢を追いかけてから、メジャーデビュー、そして現在に至るまでを、ボーカルの山村隆太が赤裸々に語った。

■一度、あきらめていた音楽への道

 山村がミュージシャンとしてやっていきたい、と初めて人に話したのは、高校3年の春。「高校をやめて、自分の夢を追うために海外にいった仲間がいて、無意識に触発されたんだと思う。それで、母親に『ミュージシャンになりたいからボイトレ(ボイストレーニング)に通いたい』と言ったのを覚えています。でも母親からは、『受験からの逃避やろ』って言われて…。『確かに』、と思ったんで、結局、ボイトレには行かなかったですね」。

 大学に入ってからは、しばらく音楽から離れた生活を送っていた。「海外と関わる仕事がしたい、と思って、入学当初は、必死で英語を勉強していました。オーストラリアにも短期留学にも行きました。あとは、野球のサークルにも入っていました」と、大学生活を満喫していた。しかし、調理師になる、と大学を後にした友人に触発され、「仲間が夢を追いかけて行動しているのに、焦りを感じるというか、自分はふわふわしているな、と思いました」と、再び音楽の道を目指すこととなる。この頃から、路上ライブを行うようになっていった。

■教育実習での経験が覚悟を決めさせる

 それでも、“腹をくくる”までにはいかなかったようで「保険をかける意味もあって、大学はちゃんと卒業しました。卒業して最初の1年は、なにもやっていなかったのですが、(教員免許取得のため)教育実習にも行きました」と、どっちつかずの生活を送っていた。しかし、この教育実習が、覚悟を決めかねていた山村の背中を押すことになる。

 「入学したばかりの中学1年生を担当したんですが、彼らの目がキラキラしてたんです。『プロ野球選手になりたい』、『お医者さんになりたい』、当時の自分には口にできないような夢をキラキラした目で言っていたんです。僕はこの時まで、自分に自信を持てずにやってきたので、彼らに同じ道を歩んでほしくないと思いました」と振り返る。そして、学校で行われた合唱コンクールの場で、オリジナルの曲を披露。「『周りが反対しても進むべきだ』という内容の歌を歌ったんですが、自分が情けなくなった。もし、高3のとき、音楽で勝負していたら、違う人生があったかも、と。失敗したとしても、新しい道が生まれたかも、と思い、こういうメッセージを歌で伝えていきたいと思いました」、とそれまでの保守的な考え方をやめ、音楽の道を進むことを決意する。

■諦めかけたとき大きなチャンスが訪れる

 それでも、簡単に追い風が吹いてくれないのが、この世界の厳しさ。当時の集大成として作ったCDは、思うようには広がらなかった。「(ライブの)お客さんは増えない。CDは売れない。これはヤバいな、と思いました」。メンバーの中には、音楽の道をあきらめる事を考えるものも出てきていた。

 しかし、それから間もなく、転機が訪れる。「事務所の人がライブを観に来てくれる、っていう話をもらいました。音楽を辞めるきっかけを探していた僕らなので、失うものはなかったですね。徹夜でライブの準備をして、全てを賭けました」。それが2008年1月。そのライブでの評価も上々で、何度かやりとりを経て、その年の夏前に契約合意にこぎ着ける。「“最強”にうれしかったですね。事務所の人がテーブルの向かいに座っていたんですが、僕らはすました顔で、“ありがとうございます”って話を聞きながら、テーブルの下で、メンバー4人でがっちり握手しましたね」。

 デビューしてからは、一気に第一線へかけ上がる。配信限定だったデビュー曲「花になれ」は、配信開始から1週間で100万ダウンロードを記録する。それでも、メンバーからすれば、何が起こっているのかが理解できなかった。「デビュー直後、原宿で、2ステージで200人を集めるライブがあったんですが、自分たちで整理券を原宿駅前に配りに行こうと思って早く行きました。人が集まらないと思ったので。でも、1000人以上お客さんが並んでいるって聞かされてびっくりしました」。彼らにとっても、信じられないスピードで支持を得ていくことになる。

■メンバーやファンが支えた最大の危機

 メジャーデビューしてから5年の間に、忘れられない出来事がある。初のホールツアー、渋谷公会堂でのライブ。極度のストレスから、山村は声を出せなくなってしまう。「メロディーにならない。“終わった”と思いました」と振り返る。これまで、これが成功したら次がある、失敗したら次はない、という気持ちでやってきただけに、取り返しがつかない状況へと追い込まれた。

 しかし、そんな山村を支えたのがメンバーやスタッフ、そしてファンの声援だった。「誰かがやめろ、と言えばやめたかもしれない。でも、メンバーは自分をフォローしようと熱くなってくれたし、スタッフもステージ下で飲み物をいつも用意してくれたり、気を使ってくれました。観客の方も声が出ていないのは分かっていたと思います。それでも、アンコールをくれました。一生忘れられないです」。

 そのときの経験が、その後の試練にも立ち向かえるメンタルの強さを与えてくれた。2010年には、全国ツアーの直前に、のどにポリープが発見されるが、そのままツアーを続行させる。「こんな声でも歌っていいかな? とお客さんに聞くと盛り上がってくれました。強い気持ちで向かっていけば、ちゃんと受け止めてくれると感じました」。

■プロには責任がある ファンを楽しませないといけない

 プロとアマチュア。同じ音楽でもこの違いは大きいという。「アマチュアの頃のほうが、自由にやれていたな、と思います。楽しんでやれていた。責任がないというか。でも、プロは責任はありますからね。アルバイトして貯めたお金でチケットを買ってライブを観に来てくれる。楽しんでもらわないといけない。失敗すると、その人は、次は観に来てくれない。そういう責任がある。やぱり、プロとアマチュアは違いますね」。

 プロとしてのストイックさもある。スタジオに入ると、12時間出てこないこともある。そんな日でも家にかえっても練習をする。翌朝も歌を歌う。新しい音楽性をみつけるために、他の人のライブに行くなど、常に音楽とふれあい、探究心を忘れない。

■向上心を失わない先輩たちから刺激 “負けてられない”

 デビューから5年。今後についての目標がある。「アジアでは、日本の音楽は、10年前は影響力があった。でも、今は違う。日本人として悔しい。もう一度、アジアを席巻していきたい」と、内に秘める闘志を燃やす。もちろん、日本国内においても、さらなる飛躍を目指す。刺激を与えてくれた先輩がいる。ポルノグラフィティ。デビュー15周年でベストツアーを敢行した際、山村は客席から見守っていた。「僕らは5周年でツアーをやるので参考になれば、と思って観にいかせてもらったのですが…。気迫が違う。すでに確固たるポジションを築いているのに、『まだ上、目指んすか?』って思うくらい。崖っぷちでやってるように必死でやっていました。築いて来た自分たちを壊していく感じ。負けてられないです」。

 新曲『明日への賛歌』。これが、今後のflumpoolの芯になる曲だと言う。「これまで5年やってきましたが、次の5年が見えなかったんです。バンドから逃げたいと思ったこともあった。それでも音楽を続けたい。このメンバーとやっていきたい、とこの歌を作りました。『明日への賛歌』の中の『僕を縛り付けてよ もう逃げられないように』という歌詞は僕の心境を表しています」。

 1年目で武道館公演を達成し、紅白への出場も果たすなど、一段飛ばし、二段飛ばしで駆け抜けた5年間だった。それでも作る音楽、伝えたいメッセージは人間らしい泥臭いもの。「僕らは弱いところがたくさんある。その中で立ち向かってここまできた。ファンの人たちも悩みのない人はいない。そこに立ち向かってほしいということを音楽を通じて伝えたい」。flumpoolの挑戦はまだまだ続く。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします