#01 神の治療

コンクリートで固められた平屋の建物にある狭い独房を覗き込むと、鼻を突く異臭とともに、男がぎろりとこちらをにらみ返してきた。彼の足は鎖でつながれ、むき出しの地面には排泄した糞尿が残っている。ここはアフガニスタン東部ジャララバッド郊外にある精神病患者の収容所。心を病んだ患者たちは暗い独房内に鎖でつながれたまま、服を着替えることもなく40日を過ごす。与えられるのは毎日パンと黒胡椒、そして水だけ。40日の間に、神が病を治してくれる、とここでは信じられているのだ。

何十年にもおよぶ戦乱に晒され、色々な意味で前近代のまま時間が止まったままのようなこの国では、精神病などほとんど認知されることもない。「神の治療」を信じる家族や親戚の手によって、ここに連れてこられる者は後を絶たない。(2008年11月撮影)

Copyright (C) Kuni Takahashi. All Rights Reserved.