#01 復員

写真展「昭和」 直近開催 9月20日~12月23日 あーすぷらざ

大正モダニズムの光が残る時期から、太平洋戦争、敗戦後の混乱、高度成長と、激動の時代をたどった「昭和」。その一瞬一瞬の輝きをとらえた写真展です。 雑誌の黄金期をにない、第一線で活躍した木村伊兵衛、土門拳、濱谷浩、林忠彦、芳賀日出男、長野重一、田沼武能、熊切圭介の8人の写真家と、入江泰吉(奈良)、緑川洋一(瀬戸内)、浅野喜市(京都)ら、各地で独自の作家活動を続けた写真家の作品を一望します。

復員 品川駅 昭和21年-敗戦時に海外にいた軍人軍属は約353万人という。昭和20年12月に復員省が設けられ、民間人よりも陸海軍の軍人を優先して復員させた。日本に帰るための船舶やその間の食糧を手配できず、海外からの帰還は困難を極めた。

Copyright (C) 林忠彦. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします