本田圭佑、香川真司 ブラジルW杯までの4年間の軌跡

ザックジャパンのキープレーヤーとして、欠くことのできない存在になっている本田圭佑と香川真司。香川は2012年6月までドルトムント(ブンデスリーガ)でプレーし、2012年8月からマンチェスター・ユナイテッド(プレミアリーグ)へ。一方の本田はCSKA(ロシアリーグ)から、2014年1月から念願のビッグクラブ、ACミラン(セリエA)へ移籍を果たした。この2人が過ごした、南アフリカW杯からの4年間の軌跡をインフォグラフィックスで振り返ってみる。