[写真]晴海埠頭に入港中の「プレリアル」(2014年6月9日、小山英之氏撮影)

フランス海軍のフリゲート艦「プレリアル」が9日、親善訪問を目的として東京都の晴海埠頭へ入港しました。

プレリアルは全長93.5m、満載排水量2,600トンのフリゲート艦で、フランス領ポリネシアのタヒチ島を母港としており、主にその周辺海域における哨戒・警備を担当する艦船です。

今回の日本訪問では6月3日に青森県むつ市の大湊基地に寄港しており、晴海埠頭には6月13日まで停泊する予定です。

晴海埠頭停泊中は、海上自衛隊の護衛艦「やまゆき」がホストシップとなり交歓行事が行われるほか、出港後には親善訓練の実施が予定されています。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします