[写真]「波止場の中心でロマンスを叫ぶ」に出場した子どもたち(日本ロマンチスト協会神戸支部提供)

 6月19日を「ロマンスの日」と定め、活動を続けている日本ロマンチスト協会の神戸支部では「ロマンスの日in神戸」のキャンペーンとして、5月19日から6月19日までの1カ月間を「プレゼント・ブルー期間」とし、大切な人に「永遠の象徴である」ブルーのプレゼントを贈ったり、ロマンスな企画を推進している。

 同支部では、「プレゼント・ブルー」の期間中、2010年から毎年「波止場の中心でロマンスを叫ぶ(略称・ハトチュウ)と名付けた、大きな声で大切な人に愛を伝えるイベントも実施している。今年も5月25日に神戸港周辺で行われた「KOBEみなとマルシェ」と協同開催の形で、神戸ポートタワー横の円形広場で催された。

 「神戸が日本で一番ロマンチックな街であることを証明するためにも、2つの活動をやり続ける」と同支部の辻村謙一支部長。詳しい問い合わせは、日本ロマンチスト協会神戸支部(090・3034・8276)まで。
(谷川しゅんき/関西ライター名鑑)

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします