[画像]上が『サンフランソーキョー』 下が『ベイマックス』

『アナと雪の女王』で歴史的大ヒットを記録しているウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオのスタジオ最新作、『ベイマックス』の日本での公開日が発表になった。また、この作品の舞台、空想の街『サンフランソーキョー』のコンセプトアートが明らかにされた。

『ベイマックス』は、最愛の存在であった兄タダシを謎の事故で亡くしてしまった ひとりぼっちの少年ヒロと、心と身体を癒すために作られたケア・ロボットの“ベイマックス”が繰り広げる感動アドベンチャー。舞台となる『サンフランソーキョー』は、米国・サンフランシスコと日本の東京が融合したかのような架空都市だ。

サンフランシスコ近隣のハイテク都市、シリコンバレーを彷彿させるような最新技術分野の頭脳とも言える人材が集まっている一方で、随所に日本の大きな影響がみられる街となっている。コンセプトアートの街の看板にも『~~不動産』、『空手~~』、『~~歯科』など、その半数近くが日本語表記で書かれている。

ディズニー作品では、『カーズ2』や『シュガー・ラッシュ』など過去にも“日本”をテーマ取り入れ、その際、徹底的なリサーチと高次元の“デフォルメ”によって描かれる世界観は話題となっている。『カーズ2』では、世界最速のレースカーを決めるワールド・グランプリ・シリーズ開催地に日本が選ばれ、『シュガー・ラッシュ』では、日本生まれのゲームキャラクターを登場させ、主人公や登場人物のモデルに“原宿ガール”ファッションを参考にするなど、日本カルチャーが取り入れられている。

『ベイマックス』でも、その流れを継承しているという。 “ベイマックス”の愛らしいキャラクターと並び、ディズニーが描く“日本”の要素を取り入れた街『サンフランソーキョー』も話題の1つになるだろう。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします