グループリーグ突破へ向けて佳境を迎えているサッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会。日本は第2戦終了時点で獲得した勝ち点がわずかに「1」と苦戦を強いられている。そんな中、本来のプレーができずにひと際もがき苦しんでいるのが背番号10を背負う香川真司だ。セレッソ大阪時代、香川をスカウトした小菊昭雄氏にW杯での香川のプレーぶりやスカウト時もエピソードについて聞いた。

動画をもっと見る

【動画まとめ】サッカー解説者らによる「W杯徹底解説」

[写真]香川について語る小菊昭雄氏

前回の南ア大会で、香川はサポートメンバーには選ばれたものの、代表23人のメンバーには入れなかった。「サポートメンバーに選ばれたことは彼も光栄に感じていたが、最後の最後までメンバーに入るかという瀬戸際にいた選手なので、まずはサポートメンバーとして南アに行くかどうかで相当悩んでいたのも事実」と小菊氏は香川の複雑な胸中を代弁する。

ただ香川は南ア大会の後、「すごく勉強になったということ、すごく悔しかったし一緒に戦えなかったのは苦しい時間だった」と語ったといい、「それは彼の心の真実かなと受け取った」という。

一方で、前回のサポートメンバーから今回の代表に選ばれた選手は香川のみだ。小菊氏はこう語る。「サポートメンバーを経てW杯を感じて、悔しさをすぐドルトムントという素晴らしいビッグクラブでチャレンジできる環境があったのは彼にとってすごくいいタイミングだった。今から振り返れば、前回落選したことで、もう一度いろんなことを感じたと思うし、サッカーに対して自分自身が向き合うためには必要なことだったのかもしれない」。

最後に香川にアドバイスを送ってもらった。小菊氏は香川が重圧から力を発揮し切れていないと見ているが「それは日本の10番を背負った選手の宿命」と冷静に分析。「その責任やプレッシャーを乗り越えたときに、また新たな景色が見えると思うので、何とかその重圧に負けないで本来のパフォーマンスを発揮して欲しい。そして何よりサッカーを楽しむ心を持って、真司が大好きな子どもたちに夢を与えて欲しいと思う」とエールを送った。