動画をもっと見る

攻撃的なサッカーを掲げながら、W杯という大舞台で「自分たちのサッカー」を十分に発揮できないまま、グループリーグで敗退してしまった日本。元日本代表の戸田和幸氏は、今大会の日本代表ではSB内田の動きが良かったという。

【動画まとめ】サッカー解説者らによる「W杯徹底解説」

[写真]W杯での内田のプレーを語る戸田和幸氏

「淡々と語るし淡々と見せているが、安定した高いところでプレーしていた。走れるし、クロスボールの出し方も工夫していた。ファイトもするし、SBとして戻るところはしっかり戻る」。失点シーンでは内田が最後にその場にいたという場面もあったが、「そこまで戻って体を投げ出していた」ことを評価する。