[画像]ランボルギーニ・ウラカンLP610

アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパンは7月17日、新型のスポーツカー、ランボルギーニ・ウラカンLP610-4を発表した。

ウラカンは、生産台数1.4万台を記録するなど、ラグジュアリースポーツカー市場で人気だったランボルギーニ・ガヤルドの後継車種となる。今回も5.2L V10型エンジンが搭載され、時速100キロまでの加速は3.2秒と、高いパフォーマンスを発揮する。最高速度は時速325キロ。価格は2750万円(税抜)。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします