[画像]100キロあった頃の今井洋介

フジテレビ系番組「テラスハウス」を卒業した写真家でアーティストの今井洋介が自らを撮影した写真が5日発売の週刊誌「SPA!」(扶桑社)に掲載され、話題となっている。

[画像]現在の今井洋介

同写真は、2日に放送されたフジテレビ系のバラエティ番組「さんま&くりぃむの第18回芸能界(秘)個人情報グランプリ」内のドッキリ企画として撮影されたもの。出演者たちには、「ありのままの俺を撮れ!“芸能界で戦う男のセルフポートレート”」と題し、裸一貫の“ありのまま”の姿で自画撮りし、納得の1枚が撮れるまで自らシャッターを切り続けるという企画と説明されていたが、実際には誰が一番ナルシストかを競うドッキリ企画で、満足がいくまでもっとも数多く自画撮り写真を撮影したものを“ナンバー1ナルシスト”に認定するという内容だ。

番組内では、ダントツの枚数を撮影した今井が“ナンバー1ナルシスト”に輝いたわけだが、その撮影過程ではマネキンにキスするなど持前のチャラ男っぷりを披露。そんな今井自身が納得したという最後の1枚は、派手なフラミンゴ柄のパンツ一丁で股間を指さした1枚。この写真が同誌に掲載されているが、誌面では「日焼けと筋肉がセクシー」と、グラドルたちからも高評価。

だが、今でこそセクシーボディーを手に入れた今井だが、同番組内で学生時代に体重が100kgあったことを当時の写真とともに公表。「喉が乾いたらラーメンを食べていた」と仰天告白まで飛び出したが、このギャップにはネットでも、「可愛いwwwwwwwwww」「デブへの希望を示した(´^ω^`)」「希望が見えてきたぞ」など話題になっている。

なお、同誌には今井のほか、「どぶろっく」や「フットボールアワー」の岩尾望、魔裟斗らの写真も掲載されている。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします