[画像]千秋楽を迎えた乃木坂46

乃木坂46の“真夏の全国ツアー2014”が8月30日、千秋楽を迎えた。同ツアーは、8月16日の大阪市立中央体育館公演を皮切りに、全国5都市を周り、約10万人を動員。千秋楽となった神宮球場では、THE ALFEE以来14年ぶりとなる単独グループによるライブを敢行。乃木坂史上最高となる3万人を動員した。

乃木坂46 西野七瀬、秋元真夏、若月佑美 独占インタビュー

[画像]千秋楽を迎えた乃木坂46

ロックバンドBOOM BOOM SATELLITES が乃木坂46のために制作した『OVERTURE』が流れた後、メインステージにメンバーが登場、『夏のFree&Easy』のイントロが流れると会場の熱気は一気にヒートアップ。そこから『ロマンスのスタート』『会いたかったかもしれない』など、5曲目まで続けて歌いあげた。

MC後には、アンダーメンバーが『生まれたままで』を披露。生駒里奈、高山一実、星野みなみの3人が歌う『ここじゃないどこか』など、ファン必見のパフォーマンスが続き熱気は高まり、メインステージから、大学進学の為活動を一時休止していた生田が登場すると、この日最高の盛り上がりをみせた。復帰後1曲目にして自身初のセンターを務める10thシングル『何度目の青空か?』を披露すると、ファンからは「いくちゃん、おかえり!」と生田を出迎え、会場は歓声と感動の涙に包まれた。

生田は「みんなの反応が不安だった。センターとしてまだ何もできていなけれど、みんなの優しさにこたえられるように頑張る」と、今後、乃木坂46に全力を注いでいくことをファンと誓い合った。