[表1]

9月を迎え日本ではプロ野球シーズンも佳境に入ってきた。一方海の向こうMLBのマイナーリーグでは一足先にレギュラーシーズンを終え、現在はプレーオフの真っ最中だ。今回はそのマイナーリーグで打ちまくりながらメジャーに定着できなかった強打者たちの中から、来年日本に来るのでは?という選手を独断で選出、皆さんに紹介してみたい。

[表2]

まずはどのようなキャリアの選手がこれまで日本にやってきているのか?という点を調べた。表1は2010年以降に規定打席に到達した、もしくは2ケタ本塁打を記録した外国人選手の一覧である。注目をしていただきたいのはマイナー実働年と年齢である。日本にやってきた選手のほとんどがマイナーで6年以上のキャリアを積み、多くが30歳前後であることにお気づきいただけるかと思う。これには理由があって、MLBの規定ではドラフトを経て入団した選手は6年間球団に保有権があるのだ。そして6年を過ぎてメジャーに昇格できない選手はフリーエージェントの権利を得ることができるのである。このため入団6年でメジャー定着というのが選手の成長の1つの目安となっているのである。これを踏まえて来日した外国人選手の特徴をまとめると次の2パターンが見えてきた。

1.マイナーリーグでのキャリアが6~10年、3Aで好成績を残すところまでは順調だったが、何度か昇格したメジャーでは確たる結果を残せなかったり、チーム事情でメジャーに昇格できずに、年齢的にそろそろエリートコースから外れそうな選手
例:バレンティン、メヒア、マートン、キラ、ブラゼル、ブランコなど

2.30歳を超え、オフには毎年フリーエージェントとなるが、メジャーでの経験もあるので緊急時の保険として球団がキープし、3Aでプレーしている選手。3Aでは常に好成績を残す実力がある。
例:ルナ、エルドレッド、ペーニャ、ブラウン、クルーズ、ロペスなど

この2パターンを踏まえて6人の選手を選出した(表2)。おすすめしたいチームと合わせてご覧いただきたい。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします