[画像]11月リリースの「AKB48」の新曲で“Wセンター”を務める渡辺麻友と宮脇咲良

福岡・博多を拠点とするアイドルグループ「HKT48」の宮脇咲良が、11月26日に発売される「AKB48」の38thシングル(タイトル未定)で、「AKB48」の渡辺麻友とともに“Wセンター”を務めることが分かった。
今日17日に東京・日本武道館で行われた「AKB48グループじゃんけん大会2014~拳で勝ち取れ! 1/300ソロデビュー争奪戦~」で発表された。

「じゃんけん大会」終了後、同曲の歌唱を担当する選抜メンバーがサプライズで告知され、6月に開票された「第6回AKB48選抜総選挙」で1位となり、「AKB48」の最新シングル「心のプラカード」でセンターを務める渡辺に続き、宮脇の名前が呼ばれると、会場は拍手と大歓声に包まれた。
そんな中、「じゃんけん大会」に出場し、他のメンバーとともに座っていた宮脇は、自身の名前が呼ばれた瞬間、驚きのあまり首を何度も左右に振り、その後は口を手で押さながら、その瞳から大粒の涙を落とした。

宮脇は「第6回AKB48選抜総選挙」で11位に躍進。開票イベントのスピーチでは「HKT48」の先輩である指原莉乃に触れて、「いつかさっしーを超えてみせます!」と宣言していた。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします