[画像]トヨタSAIではプラスチックパーツの多くを、石油由来から植物由来に置き換えた。これにより石油の使用料を減らすと同時に、プラスチック原料としての植物栽培を促進し、光合成によるCO2削減を狙っている

自動車は今やすべからくエコの時代。エコ・テクノロジーの範囲は、エンジン、ボディ、トランスミッション、タイヤ。細かい部分まで上げて行けばガラスの軽量化やライトの省電力化にまでおよぶ。数え上げればホントにキリがない。

自動車メーカーの人たちは際限無いエコ技術の開発に忙殺されているし、ユーザーはかつて百花繚乱を呈していた楽しいクルマの一部を選択できなくなった。われわれはエコカー戦争の真っただ中にいる。

作る人も乗る人も、泣く子とエコには敵わない時代だ。中には「憎っくきエコカー」とか「エコなんてクソ食らえ」と思っている人もいるかもしれない。確かにエコカーばかりになる理由に納得がいかなければ、理不尽に感じるのはよく解る。

いったい何故こんなにありとあらゆるクルマが「エコでなければならない」のか? そうなった流れを一度まとめておきたい。

地球温暖化を防げ

エコと言っても実は様々な要素がある。クルマそのもので見れば、走行中の有毒ガスやススなど、いわゆる公害に類するものと、二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスに大別される。そのほかに生産や廃棄の段階での環境負荷もある。化石燃料の枯渇の問題もある。

どれも大事な問題なのは言うまでもないが、こと自動車について、いまグローバルに最も改善が求められているのは走行中の二酸化炭素(CO2)の排出量であり、それはつまるところ地球温暖化防止という目的に集約される。

温暖化防止のグローバルな運動は「国連気候変動枠組条約」で「地球の気候の変動及びその悪影響が人類の共通の関心事であること(後略)」と定義されたことが始まりだ。解りやすく言えば、地球温暖化によって自然災害の多発や、海面上昇による陸地の水没が進むから、世界中で協力して温室効果ガスを削減しましょうという話である。

しかし、実のところ気候変動や海面上昇の原因が、本当にCO2なのかという点には諸説ある。もっと言えば、地球が温暖化に向かっていること自体に疑義を呈する学者たちもいる。ただし、それらは学者や専門家たちの間で交わされている議論であり、われわれが簡単にどちらが正しいかを判断できるものではない。

一方で、足元の深刻な問題もある。原因が何にせよ、異常気象が頻発しているのは目の前の現実だ。例えば2013年の「国連気候変動枠組条約締結国会議」では、台風によって史上最悪の被害を受けたフィリピンが、世界に対して支援を呼びかけた。日本でも、記憶に新しい広島や京都の集中豪雨などの災害が発生している。ことは人命に関わる切迫した問題なのだ。

そして諸説あるとは言うものの、少なくとも2014年時点で見る限り、世界の主流派はCO2を削減すれば自然災害や海面上昇は防げると考えていると思って良い。何十年か後に「温暖化なんて無かった」ということが明白になったとしても、2014年にわれわれが持てる材料で良識的な判断をすれば、温室効果ガスは抑制すべきと考える方が妥当なのだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします