[画像]コラボアルバム「チーク・トゥ・チーク」で全米1位を獲得したレディー・ガガとトニー・ベネット

米人気歌手のレディー・ガガとトニー・ベネットとの60歳差のコラボアルバム「チーク・トゥ・チーク」(9月24日国内盤発売)がビルボード200(全米アルバム・チャート)、ジャズ・アルバム、トラディショナル・ジャズ・アルバムで1位を獲得したことが分かった。

ガガは3作連続1位を獲得、ベネットは全米の史上最年長首位記録を樹立した。
ベネットは11年、85歳にして「デュエッツII」のアルバムでビルボード200の1位を獲得した際、当時の最年長記録保持者となったが、今作で再び1位を獲得し、88歳にして自身の記録を塗り替えた格好だ。

ガガはツイッターで、「全米1位を最高の人と獲得できることはとても誇らしいことだと思うわ」。
一方のベネットも「ガガと私で『チーク・トゥ・チーク』が1位を獲ることができてとてもうれしいです。レディー、あなたは素晴らしいアーティストです」とコメントしている。

なお、ガガの親友であり、有名ファッションデザイナーのドナテッラ・ヴェルサーチも「オーマイゴッド! 夢みたいな作品ね、ずっと聴いていられるわ、ブラヴァ!」と絶賛している。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします