ケーズデンキスタジアム水戸でスペシャルライブを行った「AKB48」の「チーム8」

「AKB48」の「チーム8」が11日、茨城・ケーズデンキスタジアム水戸で行われたサッカーJ2公式戦の水戸ホーリーホックVSカターレ富山戦でスペシャルライブを行った。

この日のライブは試合前に行われ、水戸ホーリーホックのチーム創設20周年を記念して行われ、茨城県代表メンバーの岡部麟をはじめ、メンバー16人が出演した。

ライブ前に取材に応じた岡部は、自身も小学生の時にサッカーをやっていたことに触れて、「トップとキーパーをやっていたんですが、スタジアムには家族で試合を観に来たりしていました。憧れの人たちの前でパフォーマンスができて、信じられないです」と喜びをあらわにし、「水戸ホーリーホックさんを心から応援しています! 私も『AKB48チーム8』の茨城県代表として、茨城の魅力を全国のみなさんに伝えていきたいです!!」と誓った。

ライブでは「ラブラドールレトリバー」や「47の素敵な街へ」、「恋するフォーチュンクッキー」など全7曲をパフォーマンス。ハーフタイムには「ヘビーローテーション」も披露して会場を盛り上げた。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします