欧州宇宙機関の彗星探査機「ロゼッタ」が目的地である「チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星」に到達し、11月12日の着陸機降下に向けて準備を進めています。着陸に先立ち、探査機「ロゼッタ」に搭載されている着陸機「フィラエ」が、「ロゼッタ」と彗星との2ショット撮影に成功しました。

[動画で解説]流星群の正体とは?

[写真]10月7日にフィラエが撮影したロゼッタの太陽電池パネルと彗星(上)。コントラストを抑えるために露出の違う2枚の画像を合成し、詳細を見やすくしている

長さ14メートルの太陽電池パネルの向こう側16キロメートル先には、くびれた部分から塵とガスのジェットを噴き出す彗星が見えます。暗闇に浮かび上がるその様子は神秘的で、まるで宇宙イラストのようです。

11月12日の午後5時半(日本時間)には、「フィラエ」が分離され、13日午前0時半に彗星の地表に到着する予定です。「フィラエ」は彗星に銛(もり)を打ち込むというユニークな方法で着陸を試みます。着陸すれば史上初。成功の信号は、28分20秒後の13日1時ごろに届く予定です。

ちなみに探査機「ロゼッタ」の名前は、エジプトの神聖文字であるヒエログリフを解読する鍵となった「ロゼッタ・ストーン」に由来。「フィラエ」はナイル川にあるフィラエ島に由来しています。

(監修:アストロアーツ