[写真]【左】松島みどり氏 【右】小渕優子氏(Natsuki Sakai/アフロ、2014年10月20日撮影)

 自らの政治団体における不明朗な会計処理の責任を取って、小渕経済産業大臣が10月20日辞任しました。また同じ日、支援者にうちわを配布した問題で松島法務大臣も辞表を提出しました。新内閣発足直後の同じ日に2人の大臣が辞任するというのは異例中の異例です。政界の一部からは、閣僚の辞任ドミノで退陣に追い込まれた第1次安倍内閣の悪夢がよみがえってくるとの声も出ています。

 小渕氏の政治団体における不明朗な会計処理が指摘されたのは、観劇会に関する部分です。小渕氏は毎年、東京の明治座を借り切って、地元の支援者らと観劇会を開催しています。都市部を地盤とする政治家でこうしたイベントを実施している人はあまりいませんが、小渕氏は代々続く政治家一家の出身であり、小渕氏の地元群馬では、政治家と有権者の距離が非常に近いことでも知られています。こうした有権者と政治家によるイベントは、長年の伝統だったのかもしれません。

 政治家が自らの支援者とイベントを行うこと自体は何ら違法ではありませんが、問題はそれにかかった費用です。収支報告書では、2010年と2011年に観劇会の開催費用を計上していますが、その経費の額よりも、支援者から徴収した会費の方が少なくなっています。

 もし十分な額の会費を支援者から徴収していないということになると、小渕氏が支援者を接待したという解釈も成立しますから、場合によっては公職選挙法が禁じる「寄付行為」に該当する可能性が出てくるわけです。また費用と同額の会費を徴収していたのだとすると、今度はそのお金の行方が分からなくなってしまいます。単純ミスの可能性もありますが、あえてこれを実施していたのだとすると非常に大きな問題といえるでしょう。

 松島氏の場合も、だいぶスケールは違いますが、似たような構造です。支援者らに配ったうちわは討議資料ということなのですが、これを物品のプレゼントと解釈すると、やはり寄付ということになってしまいます。