プロ野球の日本シリーズが25日から開幕する。セ・リーグからは敵地東京ドームで宿敵巨人を4タテした阪神、パ・リーグは日本ハムとの死闘を制したペナントレースの覇者ソフトバンクが出場する。2003年以来11年ぶりの顔合わせとなったこのカード、前回はお互いに本拠地での試合に勝利するという「内弁慶シリーズ」となりダイエー(当時)ホークスが優勝した。長いシーズンの最後を締めくくるシリーズを制するのはどちらか、3つの視点から占ってみたい。

■先発投手 4本柱が盤石な阪神、ソフトバンクは攝津の起用がカギ

表1

最初に短期決戦で最も重要となる先発投手陣について比較した。阪神は先発4人がいずれも好調(表1)。クライマックスシリーズに広島とのファーストステージで先発したメッセンジャー、能見はいずれも無失点、続く巨人とのファイナルステージでも初戦の藤浪、2戦目の岩田が7回を投げ切ると、ともに2度目の先発となった3戦目のメッセンジャー、4戦目の能見も5回2失点としっかり試合を作った。2ステージ6試合を4人の先発で乗り切るという理想的な展開でここまでを戦っている。シーズン中もほぼローテーションを守り切ったこの4人の安定感は抜群、日本シリーズでもこの4人で先発をまかなうローテーションで臨みたい。そのためにキーとなるのがメッセンジャーの先発日だ。中4日の先発もこなすだけに第1戦、5戦に先発するのがベストだが、1つ気になるデータがある。それが表2だ。これはメッセンジャーの甲子園での登板と、それ以外の球場での成績を比較したものである。防御率をみれば一目瞭然なように甲子園での防御率2.39に対してほかの球場では3.64とその差は大きい。この事実を重視しメッセンジャーで確実に2勝することを考えるのであれば先発は第2戦、6戦となる。ただそうなると初戦の先発投手を誰にするのかという問題が発生する。中4日で5戦に投げられる投手ということになれば藤浪が有力だが、果たして阪神首脳陣はどう決断するか。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします