[図]「おうし座流星群」と「しし座流星群」出現当日の天気予想

 ウェザーニューズは14日、17日にダブルで出現する「おうし座流星群」と「しし座流星群」の天気予想を発表した。全国的に雲が多く厳しい条件だが、九州南部を中心とした西日本ほど観測のチャンスがあるとしている。

動画で解説。毎年現れる「流星群」の正体は?

 予想によると、おうし座流星群には目立ったピークはなく、11月下旬にかけて緩やかな出現が続く。しし座流星群のピークは18日午前7時ごろで、17日午後11時ごろから翌午前5時ごろが観測に最も適した時間帯という。条件が良ければ一夜で2つの流星群を観測できそうだ。

最新の天気予想はこちら