広島カープの緒方孝市・新監督(45)を秋季キャンプの行われている宮崎・日南に訪ねた。毎年、春、秋と広島キャンプを取材してきたが、野村謙二郎・前監督時代と違っていたのは、その練習量と守備走塁に重点を置いたメニューの変化。これまでは、ウォーミングアップを終えると打撃練習からスタートしていたが、緒方新監督になってからは、すぐに投内連携、走者を置いてのケースノックなど守備走塁の強化に重点を置いた練習メニューに入った。
「気持ちも体もフレッシュな時間に守備走塁練習を集中してやりたいので」と緒方監督は説明するが、ここに来季のカープが目指す野球が象徴されている。日が暮れるまで長時間の練習を続けるのが、カープキャンプの名物でもあるが、午前9時から17時30分まで全員がグラウンドに残って汗をかく。現役時代から自分に厳しく妥協を知らなかった緒方監督が、「三村監督時代の猛練習をもう一度」と、故・三村敏弘監督時代の猛練習に習った濃密な練習だ。その緒方監督に来季へ向けて気になるテーマを直撃した。

──緒方新監督で、カーブはどう変わる?
「基本的には野村さんが作ってきた野球を継承したい。投手を軸にした守り勝つ野球ですね。そこは重要です。野村さんは、内野手出身なので、緻密な野球をされました。コーチとして傍にいて、いろんな勉強をさせてもらいました。僕は外野手出身なので、野村さんの野球に足を絡めた機動力をプラスした、より攻撃的な野球を考えています」

──それが緒方色?
「どんな色を出せるかわかりませんが、色は出していきたいですね」

──ミコライオが抜けたストッパーの穴が気になるね。一岡竜司が故障で離脱してから、中継ぎ、抑えが崩れたことが、優勝を逃した敗因のひとつだろう。
「そこは投手コーチ(小林、畝両コーチ)に一任しているのですが、候補しては、今年は先発で使ったヒースの転向、中崎、新外国人の左のザガースキーの3人になりますかね。先発のほうは、6人をしっかりと固めたいのですが」

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします