トヨタ自動車は11月18日、世界初となる量産化FCV(燃料電池自動車)「MIRAI」を12月15日に発売すると発表しました。“究極のエコカー”とも称されるFCVですが、そもそもFCVとはどんな車なのでしょうか?

排出するのは水のみ

[画像]トヨタが12月に発売する燃料電池車「MIRAI」

 FCVとは「Fuel Cell Vehicle」の略。車に充填した水素と大気中から吸い込んだ酸素の化学反応によって発電する「燃料電池」を搭載し、モーターで走る自動車です。走行中に排出するのは水のみで 、二酸化炭素や有害物質を排出しません。

 さらに、エネルギー源となる 水素は地球上にほぼ無限に存在し、石油やLNG(液化天然ガス)、バイオマス、汚泥など、さまざまな物質に含まれ、水を電気分解して作ることも可能。電気に比べて貯蔵や運搬が簡単という利点もあり、環境性能に優れている点が高い注目を集めています。

環境性能以外のメリット

 環境に優しい以外にも、FCVならではの利点があります。一つは、電気モーターで走るのでエンジンを搭載する必要がなく、騒音が少ないこと。もう一つは、電気自動車よりも充填時間が短いことです。

 例えば、MIRAIの充填時間は1回あたり3分程度(外気温20℃、高圧水素タンク内の圧力10MPa)で、約650キロ走行できます。これは、ガソリン自動車と同等レベルです。ガソリン自動車がガソリンスタンドで燃料を補給するように、FCVは水素ステーションで水素を補給します。

水素ステーションと水素の価格

 FCVの使用に欠かせない水素ステーションですが、建設費用は1基あたり5~6億円程度かかるとされ 、現在はまだ整備を進めている段階です。そのため、MIRAIの国内販売は水素ステーションの設置が予定されている地域、およびその周辺地域を中心にスタート。ステーションの整備予定地域は、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、愛知県、滋賀県、大阪府、兵庫県、山口県、福岡県です。

 なお、経済産業省が掲げる水素ステーション設置目標数は、2015年度までに国内100カ所。FCV普及の鍵は、利用者の身近な場所に水素ステーションを設置できるかどうかになりそうです。

 また、燃料となる水素自体が高額という課題もあります。そのため、水素価格をガソリン並みに下げるために官民で資金を出し合う取り組みが協議されています。岩谷産業は今月、「イワタニ水素ステーション」における水素価格を1キログラムあたり1100円と発表。岩谷産業の試算では、ハイブリッド車並に約750キロ走行するには約5キログラムの水素を必要とし、満タンにするコストは5500円程度だとしています。

まだまだ高額な車体価格

 10年前は「1台1億円」ともいわれた燃料電池車ですが、今回発売が発表されたMIRAIの販売価格は723万6000(消費税込み)。プラチナを使う燃料電池の製造にコストがかかるため、リーズナブルな金額とはいえません。しかし、経済産業省から202万円の購入補助金が支給されるので、実際の負担額は約520万円 になります。これは、トヨタの高級車「クラウン」と同等価格です。

 また、ホンダも2015年度中にFCVを販売すると発表しました。普及への課題は残りますが、当たり前のようにFCVが走る未来の光景に、ゆっくりと、しかし着実に近づいているようです。

(田島里奈/ノオト)

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします