2014年も残りわずか、プロ野球もオフシーズンの真っただ中。球界の動きも落ち着きだしたこの時期に改めて2014年のシーズンを振り返ってみたい。

得失点差から見えてくるもの

 12球団のシーズンを振り返るにあたって今回は得失点差に注目をした。野球は相手より点を多く取れば勝利できるスポーツ。唯一の目的である勝利のためにはより多く点をとり、相手にできるだけ点を与えない必要があり、プレーヤーもそのためにプレーをしている。勝利のためのプレーがうまくいっているのか、否か。それを最も端的に表す成績がチームとしての得失点差だ。もちろん短いスパンでは得失点差でチーム力を計ることは難しい。しかし1シーズンという長いスパンで見れば、そこにはやはりチームの力が表れてくるもの。今回はチームの得失点差の推移とピタゴラス勝率*によって想定される貯金数を、実際の貯金数と比較することで12球団の今シーズンがどのようなものであったかを振り返ってみたい。

 *ピタゴラス勝率とはチームの総得点と総失点から想定される勝率を求める計算式
 総得点の二乗 ÷ (総得点の二乗+総失点の二乗)で求める

セ・リーグ 不調でも負けなかった巨人、広島は鬼門で転落

[表2]セ・リーグ6球団の貯金と得失点差推移

 表1はセ・リーグ6球団の得失点と貯金の推移を表したもの。右の軸は得失点差、左の軸は勝ち越し(負け越し)の数を示している。また得失点差のグラフは同時に想定される貯金数も表しており、その値を左軸で示している。例えば巨人の最終成績は貯金が21、得失点がプラス44となっているが、得失点グラフの左軸の値は10から11。これは巨人の最終的な得失点差から想定される勝ち越し数は10~11であることを示す。

 4月で目立ったのは広島の躍進と、DeNAのつまずきだ。昨シーズン終盤からチームに勢いの出ていた広島は今シーズンも開幕から好調を維持、得失点差もプラスを記録していたが、そこから想定されるよりもさらに多くの勝利を挙げていた。これは大きく成長した中田廉、そしてFA移籍した大竹の人的補償として獲得した一岡の予想を上回る活躍で安定し接戦をものにしていた、つまり少ない得点差でも勝てていたことが大きいと考えられる。一方オフシーズンの補強もあって例年にない期待を集めていたDeNAは開幕から低迷、4月終了時点での得点100はリーグワースト、失点147もヤクルトに次ぐ5位と投打ともに不振、とくに主砲ブランコの離脱の影響は大きく得失点差はマイナス47で11の負け越しを喫してしまった。