[写真]芥川龍之介賞候補作家。左から、上田岳弘氏(提供:新潮社)、小野正嗣氏、小谷野敦氏、高尾長良氏、高橋弘希氏

 日本文学振興会は20日、第152回芥川賞・直木賞(平成26年度下半期)の候補作を発表した。受賞作を決める選考会は1月15日に東京・築地「新喜楽」で行われる。また、当夜、日比谷・帝国ホテルにおいて、受賞者による共同記者会見が開かれる予定。

候補作品は以下のとおり。

【第152回芥川龍之介賞候補作家略歴(平成26年下半期)】

上田岳弘「惑星」(新潮8月号)
小野正嗣「九年前の祈り」(群像9月号)
小谷野敦「ヌエのいた家」(文學界9月号)
高尾長良「影媛(かげひめ) 」(新潮12月号)
高橋弘希「指の骨 」(新潮11月号)

[写真]直木三十五賞候補作家。左から、大島真寿美氏、木下昌輝氏、西加奈子氏、万城目学氏、青山文平氏

【第152回直木三十五賞候補作品(平成26年下半期)】

青山文平「鬼はもとより」(徳間書店)
大島真寿美「あなたの本当の人生は」(文藝春秋)
木下昌輝「宇喜多の捨て嫁」(文藝春秋)
西加奈子「サラバ!」(小学館)
万城目学「悟浄出立」(新潮社)